日常のこと

【神の教】から。。。

投稿日:2016.05.17 更新日:

【神の教】から思いを馳せて。。。

先日新緑溢れる素晴らしい結婚式にて
神社のおみくじをいただきました

裏面にある【神の教】を読んで
いろんなことに思いが飛びましたー♪

❁❁❁❁❁❁❁❁
【神の教】

『 ちりも積もれば山なす例え
   小さい善行積んで行け 』

金がたまれば病が起こり、
地位が高まればけんかが起こる。

徳を積む事を忘れて、
物を蓄え、罪を重ねて利権を得れば、
片端から幸福は逃げて行く。

誰にも出来る小さな善事も積んで行けば、
身も心も安らかに真の幸福が集まって来る。
❁❁❁❁❁❁❁❁

はい神さま!
ちいさな善事忘れないように
日々を大切に生きていきます!

まずは生きているご先祖さまに
「ありがとうをたくさん伝えます!
母ですけど。。。 (*^_^*)

この教えをいただき思ったこと。。。

当たり前の毎日の中で
出来る小さな善事を
善事とも思わずに

ただひたすらに
黙々とやり続けることにしよう

好き嫌いや善悪で物事を判断しない
感情を入れずに素直に受け入れてみよう

光が山や大地や海に降り注ぐように
風が山や大地や海に吹き渡るように
雨が山や大地や海に舞い降りるように

朝起きてから始める行動の
ひとつひとつの無意識の動作にも

実はたくさんの意思たちが
働いているからこそ出来ること

からだの中のすべての臓器にも
意思があることを自覚してみよう

毎日 寝ていても起きていても
仕事していても遊んでいても

それぞれが思いを問わずに
ずーーーーっとがんばってくれてる

「ありがとう

有難いからだを借りての今世
そこにどんな思いがあるかで
ころっと人生が変わることもあるね

からだは小宇宙というが

ひとりひとりが小さな地球
ひとりひとりが小さな星なんだなぁ

地球の年齢は約46億年
地球がまだ放射能などに溢れて
人が発生する迄の長い長い時間に

どんなもの達ががんばって
人が生きれる地球にしてきたんだろう

放射能を餌に微生物が誕生して
微生物たちの産物がやがて

水もない地球に
どここらか水がやって来て
光合成がはじまる

そして
生物に必要な酸素や水素やオゾンが
長い長い時間をかけて育まれる

オゾン層は
地球から10~50Km上空に集まり
たった2~3mmの厚さなのだそうです

地球がからだだとしたら
オゾン層は皮膚ですね~♪

有毒な紫外線から生態系を
守ってくれています!

「ありがとう

おお~~~っと!
わたしはいつも考え始めると
地球とか宇宙に思いが飛んじゃう

自分が借りてるこのからだは
思ってるほどちっぽけでないし
かといっても大きくもない

ひとりだけど、ひとりじゃない
ひとつだけどひとつじゃない

だから足や手や頭
首や背中や腰など違和感を覚えたら
ちゃんとケアしてあげましょうね♪

そのお手伝い
させていただきますよ~♪

お問い合わせはこちらから♪

お疲れな足や肩や頭を労わり
たまにはありがとうを伝えてくださいね。*o(^o^)/*

「ありがとう

【 ご予約・お問合せ 】

090-1349-3739
mi-manantial18@i.softbank.jp

バラrosa amor manantial バラ 
~ローザより愛をこめて~


フェイスブックのお友達申請もこちらからお待ちしています。

-日常のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト