健康のこと

ふきのとうの苦味パワー

投稿日:2018.03.17 更新日:

春を告げるふきのとう♪

ふきのとうが出回る時期は
もう終わりごろでしょうか。。。

『春は苦いものを食すべし

春は苦いものが多いのは
苦味には冬の間に溜め込んだ脂肪や老廃物を
排出するパワーを持っているからと言えます

春はあたたかくなるとともに
新陳代謝も活発になるので
ちょうどその頃に育つ山菜は

冬から春のカラダへの
変化をサポートしてくれます

ことにふきのとうは
熊が冬眠から覚めると
一番に探して食べるんだそう

あの大きな熊が動くだけのエネルギーを
ふきのとうをはじめ春の山菜たちは
サポートしてくれるんですね~

老化予防やガン予防にも良いので
ストレスを抱えやすい春に持って来いの食材です

ふきのとうと言えば
てんぷらや和え物が美味しいですよね

ふきのとうはキク科のフキ属
そう聞くと苦いのもうなづけますね🍀

ちなみにふきのとうはフキの蕾
フキはふきのとうの葉柄と言われる部位なんだそうです

わたしはずっと別物だと思っていました
母はふきのとうの茎と言ってましたが

フキの茎は土の中にあり
フキは葉と茎の間の部位なんだそうです

知らなかった―!!

 

なんでも知ってみるものですね~
またひとつ賢くなりましたー  (〃艸〃)ムフッ

 

ほかにも旬の春食材の
効果効能をお伝えしていきますね🍀

 

春は苦いものを食べてくださーい

 

 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト