健康のこと

カラダという「器」を丈夫にするために

投稿日:2017.11.19 更新日:

「カラダは食事だけで
創られているわけじゃない」と思うのですが。。。

やはりカラダというものは
毎日「尊いいのちをいただく」ことで
カラダという「器」が出来ると思うのです

カラダは魂の「器」
この世で生きるための借りもので
車や宇宙服と似たようなもの

破れたり古くなったら
修理が必要になったり
いつか取り換えないといけなくなる日が来ます

それがこの世を去るときの死ということですね~

その魂の「器」を丈夫にするのは

生活習慣
生き方
考え方
思い
意思
意識

ほかにもたくさんあると思います

でもまずは「器」を創ることからですね~

口から入る栄養素は
血液型でもどの型がどんな食物が合うのかが違ってくるのですが

それよりも常識的に
強いカラダを創るには

「免疫力」を上げる物を
いただくようにすると血流も良くなり
血管も相乗で強くなるように人のカラダは出来ています

 

しかしながら
すべてのものに陰陽があるように
人や食材となるものにも陰陽があります

人の陰陽の目安は
血圧の高く血の気の多い人はほぼ陽性の方です

逆に脈が弱く低血圧で
顔が青白い方は陰性の場合が多いです

単純にカラダを温める
陽性の食材をいただくことで
免疫細胞を増やすことに繋がるのですが

何につけても
バランスが良いことが当然良いわけで
カラダも中庸に保つと良いとされています

 

陽性の強い方が
陽性の食材を積極的にいただくと
陽極まり陰となりかえってカラダを壊しますからご用心!!

陰性の方は逆に
しっかりと陽性の食材をいただき
中庸~陽性を目指してくださいね~

わたしが施術の前に
血圧が高いか低いかをお聞きするのは
カラダの中がどうなっているかが知りたいからでもあります

陰性の方でも
血圧が高いとカラダは陽性に傾いています

また年齢が進むと
当たり前ですが血圧は高くなるのが動物です

お年を召すと動きは鈍く
なり行動もスピードが落ちます

それでも変わらずカラダは
「血液を全身に酸素や栄養分を
カラダの隅々まで送らないといけません」

ですから
必然的に血圧は上がるようになっています

余談になりますが。。。

お年を召された方で
降圧剤を服用し始めると
すぐにボケるといいますが
当たり前のことだと思いませんか?

頭に新鮮な血液を運ぶには
しっかりとした血圧が必要です!

むかしは動けなくなるとボケていたのに
今は降圧剤を飲み始めるとボケるようになっていますね~

実際に介護施設に入居されている方で
自分の名前もわからなくなったというご老人に

降圧剤の服用をやめてもらったところ
自分の名前を思い出したという事例がたくさん出て来たそうです

 

「クスリ」
反対から読むと「リスク」

服用には副作用が必ずありますからご用心!ご用心!!

 

今日は免疫を上げる食材について
お伝えしたかったのですが前置きが長くなりました汗

続きはまた次回。。。
( *´艸`) スミマセン~

 

 

あなたはカラダという器に
どんなものを入れますか?

 

今日もカラダのことを
すこーし労わるお食事に心を配ってみませんか?バラ

aiwokomete

 

 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト