健康のこと

カラダを温める生姜とシナモン その2♪

投稿日:2017.09.27 更新日:

本当にカラダを温めたいなら

生姜よりシナモンを♪

 

カラダを温めるものの代表の生姜

しかしながら
それは瞬間風速的な対処法で

取り入れたあと消化する際に
辛み成分によって体温が一時的に上昇します

上昇した体温を発汗作用があるため
今度は汗をかくことで体温をさげるのです

 

数年前わたしは風邪をひいて
1ヶ月以上治らず困っていました

とにかくカラダが冷えるので
生姜は健康にも良いし

殺菌作用があり
免疫アップ作用もあるので
風邪の菌もすぐにいなくなると思って

生の生姜をすりおろして
ハチミツでしょうが湯を作り
毎日何度か飲んでいたんです

めちゃカラダに良さそうでしょおんぷ

飲んだ時はポカポカするのですが
すぐにまた寒くなるのでまた飲む。。。

そんな事を繰り返していたんです

ちょうどそんな時に
ある健康講座に出かけ
講師にその時の現状をお話しすると

脈を診てくださり
『これは冷えのぼせを起こしてます
『すぐにしょうが湯をやめてください!!と仰り

『代わりにシナモンを摂ってください』
とアドバイスをいただきました

カラダを温めるには
『生姜が一番』だと思っていましたから
自分のカラダが逆に冷えているなんて衝撃的でした

アドバイスを受けたあと
コーヒーもカラダを温めますから
生しょうが湯をシナモンコーヒーに変えました

すると一週間もしないうちに
あんなにしつこかった風邪がすぐに治っちゃったんです星

 

そんなわけでわたしは
生姜が冷えることを証明する実体験したんですね~

おそるべし生姜星
おそるべしシナモン星

 

{ABFE715C-E045-42BE-BAD0-37901610DCCB}

 

シナモン
肉桂・桂皮という生薬のひとつ

日本ではニッキとも呼ばれ
アップルパイやシナモンロールに使われたり

京都のお土産によくいただく
あの八つ橋の香りがシナモンです

またお正月にいただく
お屠蘇にも含まれています星

クローバーカラダを温めるシナモンクローバー
【シナモンって?】
クスノキ科の常緑樹
皮を乾燥させたもの
【シナモンの効能】
●リラックス効果
●水分代謝調節
 冷え・むくみ改善
●抗真菌・抗ウイルス作用
●殺菌・抗菌作用
 風邪予防・改善
●解熱・鎮痛作用
●血行促進
●毛細血管の保護・修復
 毛細血管の老化防止
抜け毛予防
しみ・しわ予防・改善
血栓予防
●血圧調整作用
 高血圧改善
●血糖値抑制作用
●脂肪燃焼効果
 中性脂肪改善
 ダイエット効果
●記憶力アップ
●女性ホルモン様作用
 女性ホルモン調整

 

【シナモンの副作用】
シナモンには
クマリンという成分があり
過剰摂取により肝機能障害を起こすことがあります

サプリメントなどでの
過剰摂取には十分注意が必要です!!

高血圧の方も
シナモンの過剰摂取は控えた方がいいでしょう

過ぎると何にしても
デメリットが生まれるものですね汗

一日3gを目安に
小さじ1杯くらいを限度に
日々の生活改善にお役立てください♥

持続的にカラダを温めたいなら
シナモンパワーをありがたくいただいちゃいましょう星

春夏秋冬
冷えることってすぐそばにあります

カラダの健康維持のために
なるべくあたたかくしてお過ごしくださいね♥

 

Rosa Amor Manantial
 ローザ  アモール  マナンティアール

aiwokometeハート

 

 

 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト