健康のこと

寝起きの悪さを改善するために

投稿日:

日頃のお食事で
寝起きを良くする♪

 

寝起きは良い方ですか

朝の心地よい時間を
氣持ち良く過ごせていますか

寝起きの善し悪しで
一日のやる氣の度合いが
変かわることってありますよね~

寝起きの善し悪しは
毎日の生活のリズムにも関わって来ます

ここでは
朝が起きれないという方に
低血圧や体温の低い方が多いというので

この方々を対象に
目覚めが良くなる
お食事の改善方法をご紹介します🍀

実はわたしが
低体温で低血圧なのです

そんなわたしでも
朝は5時半にすっと起きれます

朝は早く起きれば起きただけ
一日のうちに出来ることが増えたような氣になり

『早起きは三文の徳』とは
よく言ったものだと思いますきrきら

今あるカラダは
口から入ったもので出来ているもの

やはり毎日のお食事を
少し氣にするだけでも
毎日のコンディションは違ってくるものです

低体温や低血圧の方は
要はカラダを温めて血流を良くすれば

寝起きのだるさや
ボーっと感は改善されます

ステーキカラダを温める食品ステーキ
陽性の動物性タンパク
色の濃い野菜
根菜
冬野菜

肉は摂りすぎると
脂肪過多となるのでご注意です

魚はお刺身よりも
火を入れたものがお勧めです🍀

カラダを温めるには
上記の陽性の食材を中心にした
お食事を摂ることがポイントですきrきら

代謝アップのとうがらしや
ショウガは必ず火を通して使うこと

また
アリウム属の食材は血行を良くします
食べ合わせに取り入れたい食材です

玉ねぎ血行を良くするアリウム属玉ねぎ
玉ねぎ
ねぎ
にら
にんにく
らっきょ

 

うちでは特に
玉ねぎ類をよく取り入れています

玉ねぎは何にでも合わせやすいので
どんなお料理にもだいたい使います

冬場はねぎとにらも
よく使います

あとは
寝る直前までお夜食やお酒など摂り過ぎないこと
早めの就寝を心がけること
夜更かしをしない
就寝前に目を酷使しないこと

ちょっとした配慮で
朝の寝起きは改善されることもあります

目覚めに糖分を
少量摂るのもいいですね🍀

黒砂糖やチョコ
それにはちみつはエネルギー源となるので
朝の時間を過ごしやすくしてくれます

 

美味しく健康な毎日を~💗

 

 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト