健康のこと

忘れ得ぬ手のぬくもり

投稿日:2018.01.11 更新日:

ときには
ご自分のカラダに「ありがとう」を♪

 

あるホスピスへ
ボランティアへ行った時のこと

アロマのお仕事を始める前に
ボランティア活動をしていた頃のことです

何度か訪れたホスピスでのボランティア

認知症も進み
誰かを常に呼んでいる方

車いすに腰かけて
うつむいたまま眠ってる方

介護士の方の声かけにも
目をつぶったままそっけなく返事をして
怒っているのかこれが普通なのか良く分からない方

ずっと宙を見つめている方
咳をしては介護士の方にお世話をしてもらっている方

いろんな方が
たくさんいらっしゃる中で
今も忘れ得ぬ方がいらっしゃいます

いつものように病院に行き
数名の肩や背中のハンドタッチケアをさせていただき

最後に
介護士の方がこの方もお願いしますと
車いすのおばあちゃまを連れて来られました

その方は
車いすにいらっしゃるけれど
ずっと眠っていらっしゃいました

眠っていらっしゃるけれど
触れて良いものか迷い介護の担当の方に尋ねると

「指が動かないから優しく触れてあげてください」

と仰ったので
その動かないという手にそっと触れて

「これからハンドマッサージをさせていただきますね」

と声をかけてから

自分の手に
少量の乳液を取り温めてから

おばあちゃまの冷たく堅く動かない手を
優しく優しくマッサージしていきました

その指は動かないし
ずーっとカラダもピクリとも動かないのです

ベッドでなく
車いすにいらっしゃるということは
まだ寝た切りではないはず。。。

と思いつつ

自然とそのおばあちゃまの人生って
どんな人生があって今ここに至っているのかしら?
とつい思考を巡らせていました

どんな方にも
赤ちゃんの頃があって青春期もある

年代的に戦争を体験しただろうし
平和の到来に永遠の幸せを感じたかもしれない

今ここに目をつぶって
寝ているのか起きているのか分からないほどの
氣の衰弱を見せているおばあちゃまは何を思うんだろう。。。

ふとそんなことを思っていると

少し離れたおばあちゃまから
「お姉さん!」と声をかけられたので

え?わたし???
とお話を聞きに行ってみると

「家族が迎えに来るからタクシー呼んでくれる?」
「急ぐから早くしてね」とのこと

「はぁ?」なぜわたしに???

一応そのおばあちゃまの
希望を介護士の方に伝えると

ほっといていいのと言わんばかりに
虫をはらうように手だけ振られました

えー!どうしたらいいの?と思い
「なんて声かけたらいいですか?」と尋ねると

「そのまま戻っていいよ」と言われるのです
言われるままに戻りまたハンドマッサージをしていると

また先ほどのおばあちゃまに呼ばれたので
介護士さんの方を見ると首を振られるので

心が痛む思いで知らん顔を決め
氣付かないふりをしてハンドマッサージを進めました

少しすると誰も相手をしないから
タクシーを呼んでもらうのを
諦めたようで静かになりました

手の指が動かないというおばあちゃまの
片方のハンドマッサージが終わりもう片方の手へ。。。

もう片方のマッサージをしていると
ぴくっと手が反射的に動き
ちょっとだけ顔も動いたように感じました

眠っていらっしゃるかもしれないけれど
もしかしたらせっかく寝てらっしゃるのを
起こしたかもしれないと思い

「今日はハンドマッサージをさせてもらってます
また機会があったらマッサージさせてくださいね」

などと伝わるかも分からないけれど
お天気の話をしたりしてハンドマッサージを終えました🍀

冷たかった手も
少しだけ温かみを感じ

「終わりましたよー」と声をかけると

動かないと言われていた
おばあちゃまの手がかすかに動き

はっきりと意思を感じるかすかな強さで
わたしの手をぎゅっと握って来られたんです

お顔を見ると意識があるのか
無いのか分からないのだけど

きっと「ありがとう」って
言ってくれているんだなと思いました

なんとなくおばあちゃまに
わたしもありがとうを言いたくなって

「ありがとうございます。」
「また来ますね。」とお礼を言って帰って来ました

2週間後に行っても
そのまた2週間後に行っても
あのおばあちゃまには会えませんでした

あの時のぎゅっと握ってくださった
あの手の感触が今もずっと忘れられないのです

きっとあのおばあちゃまは
もう車いすには乗れなくなられたんだろうなあと

ホスピスという環境の中の
空気を感じて寂しい氣持ちになりましたが

どんな人にもいずれやって来る最期

どんな人も元氣なうちは
どんな最後を迎えるのか未知です

ホスピスでのボランティアは
人生をどう生きるかどう終わらせるか
考えさせられる体験でもありました

 

人の手のぬくもりで
心が温かくなることがある

ボランティアを通して
いつも思うのだけど

ケアを必要としている方のケアをすると
逆にケアされるような奇妙な現象が起きます

いつもありがとうを感じる時間になります💖

アロマのトリートメントを始めたのも
そんな体験がいくつもあっての今です

ひとりの人の内側は
ひと言では語りつくせないたくさんの思いが詰まってる

でもその外見にはいろんなものが見えている

表情
仕草
態度や行動
目の輝き
声の調子
言葉の使い方

人って深いですね🍀

とりとめのない話でごめんなさい

「ありがとう」をもっと
たくさん伝えながら生きていきたいなあと思います💓

そこに香りがあると
その香りのパワーをもらえてまたがんばれる

そんな毎日の繰り返しですが
いつか訪れる最後もありがとうと心からえる人生にしたいです💗

なんとなく疲れが
溜まってる氣がするあなた
ちょっとがんばり過ぎたっていうあなた

ご自分のカラダとの対話をしてみませんか?

意外にアロマトリートメントで
ご自分のカラダの弱点もわかるし

カラダもほぐれて心地よく眠れますよ~💕

今世の借り物である
ご自分のカラダに「ありがとう」の時間をバラ

 

 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト