健康のこと

薔薇は心の栄養♪

投稿日:2016.04.11 更新日:

わたしは
薔薇の強すぎない自然な香りが大好き
 
 
あなたは
 
 
ほかにも
好きな香りがたくさん❗

気が多いですね~
(≧∇≦)

 

きっとあなたも
そうだと思うのですが。。。
 
 
その日の気分や体調によって
 
 
または
時とともに

好みも変わったりします

 
今は強い香りは苦手なので
香水の香りは滅多に纏いませんが。。。
 
 
若い頃に一嗅で
大好きになった香りがあって
 
 
それからずーっと使ってたのが
薔薇の香水でした🌹
 
 
 
あれから薔薇の香りが好きみたい💕
 
 
 
大好きなピンクの薔薇✨
{9298DE79-265D-4C42-A060-35F080054F6E:01}

 

アロマテラピーでの
薔薇から採れるアロマオイルは希少で
 
 
バラの花300個分から
やっと1滴の精油が採れるんです
(◎_◎;)
 
 
今は他の精油に比べると
とても高いのでふんだんには使えないけれど
 
 
古代エジプトでは
クレオパトラがこよなく愛した薔薇の花
“香りの女王”って言われていたそうです
 
 
クレオパトラが好きだったのは
やっぱり赤い薔薇なのかな???
 
{A4BC2950-23F2-4693-AF4E-8A5BDC51D1B1:01}
 
ブルガリアで撮った赤い薔薇
とても情熱的ですね 
 
 
そうだ
 
ブルガリアで咲き乱れていた薔薇をご紹介🎵
 
 
 
こちらが一番のお気に入り💕
ピンクの薔薇が集まってハート型になってた
{C855ED59-6794-4C01-AC6A-3B2B718C5DB3:01}
 
優しいベールにつつまれた感覚になる
シャーベットオレンジの薔薇💕

 

{27155BDF-6404-4A84-BCC0-5AE89D430194:01}

 


個性的で明るく元気をもらえる黄色い薔薇

 

{20980CED-3842-4F7F-BD93-A190BC499F99:01}
 
 
 
純白の薔薇はひと際美しく咲いてましたよ

 

 
{1E55173A-A738-46F1-BEF9-EF5E184164DC:01}
 
 
 
昔々のヨーロッパのアロマテラピーは
お薬として用いていた時代がありました。
 
 
 
昨年導かれるように訪れたブルガリアでも
昔から薔薇は百薬の長として重宝され
ポピュラーな薬として扱われて来たそうです。
 
 
 
例えばお酒をたくさんいただく人々は
ローズウォーターをお酒を飲む前や
飲みすぎたときなどに飲んでいたそうです。
 
 
 
それからわけもなくお腹が痛いときにも
ローズウォーターを服用していたそうです。
 
 
 
ローズウォーターを
毎日小さいコップ一杯いただくのが
ブルガリアの昔の人の健康法だったとか。
 
 
胃にも腎臓結石にも良いそうで
ローズウォーターを飲むと
2日で症状が軽減されると
 
ブルガリアての現地ガイドの
スネジャーさんに教えてもらいました。
 
 
またブルガリアに行きた~~い
 
 
 
ちなみにアロマとしてのローズの効能は
鎮静、収れん、強壮、整腸、抗うつ、抗菌、殺菌、抗炎症などがあります。
 
 
 
 
わたしは
薔薇の花びらのお茶がお気に入りで
はじめお湯を注ぐと綺麗なブルーから
次第に薔薇の花びらの色が出てくるんです。
 
 
赤い花びらなのに最初はブルー✨
こんな感じ💕

 

{2090697F-5B7D-47D0-9026-0162ACD636DD:01}

 

 
とっても綺麗~~
 
 
 
それがパープルから。。。
{1BC60864-3B7E-414A-99BB-2DEEFD68727C:01}

レッドへ。。。

 

{2E54738D-6A60-4A5F-8CF0-3CA53CE1C5DA:01}

 

美しい薔薇色ですバラ

 
香り豊かな薔薇のお茶の時間は
わたしにとっては至福のとき🍀
 
 
しあわせ~~💕
 
 
花びらも食べれてなかなかの美味ですよ🎵
たくさん口に入れると苦いですが。笑
 
 
薔薇ジャムも大好きで
クリームチーズと合わせて
トーストにのせていただくとしあわせ倍増です
 
 
色々ご紹介しましたが
薔薇の楽しみ方満載です~
 
 
あなたも好きな香りを
たまには自由に味わってくださいね~
 

 

バラRosa Amor Manantialバラ

~ローザより愛を込めて~

 

 
 
 
 
 

-健康のこと

Profile
ローザ(伊藤 美穂)

ようこそ♡ローザ アモール マナンティアールへ
お越しいただきありがとうございます
プロフィール

 スマホサイト